お金を借りたい場合と年齢制限について

急な出費などでお金を借りたいと思ったときに、周りに借りる当てがない時、消費者金融などを利用する人は少なくありません。

ですが、消費者金融などでお金を借りたいと思っても、年齢制限があるので注意が必要です。

当然ですが、20歳未満であれば、親権が必要となります。

また、学生などであれば、より審査に通りにくいということになります。

パートやアルバイトで生計を立てている人でも、借りることはできますが、70歳以上の人も年齢制限で引っかかることになるので、注意が必要です。

今現在70歳であり、パートとして仕事をしている人でも年齢制限でお金を借りることができない場合があります。

なぜなら、今は元気に仕事をしているかもしれませんが、消費者金融などで借りたお金は基本的にリボ払いというシステムを利用して返済をしていくからです。

リボ払いとは借りたお金と利息を月々一定額で支払をしていくという方法です。

今現在は元気であっても、何歳まで仕事ができるか、という先が分からないからです。

たとえ、今現在元気であっても、その先いつまで仕事ができるか、が分からないため、年齢制限で引っかかってしまうことになるからです。

なので、そういった人であれば、キャッシングやカードローンなどではなく、年金のシステムをうまく利用する方が安心していられるということになります。

そういった点から70歳以上の人は借り入れをすることができないという年齢制限が発生してきます。

参考HP:年金受給者でも借りられるカードローン|お金を借りるセレクト
参考HP:学生カードローン比較ガイド | 親に内緒で借りれるキャッシング