キャッシング審査で落とされてしまう借入理由

キャッシング審査で借入理由はそこまで重視されませんし、全員が正直に申告しているとは限りません。

けれど、その人物にお金を貸しても問題ないかどうか、ジャッジを担当者の心証を悪くする借入理由は避けるべきでしょう。

例えば、既に他社から借り入れている借金を返す為の新たな借入は、非常に警戒されます。

いわゆる自転車操業状態で、いずれ行き詰まってしまうことが分かっています。

複数の借入先がある時点でマイナスですが、借入理由に堂々と借金返済の為、なんて書いてしまうと審査で引っかかる確率が高いでしょう。

また、生活費も微妙です。生活費を支払う為に借り入れる人は非常に多く、この理由だけで審査にはねられることはないかも知れませんが、やはり切羽詰ってしまっている感じを与えます。

そもそも、生活費を捻出できないとなると、来月の返済も大丈夫なのか、と言う話になりますよね。

結婚式などの冠婚葬祭が続き、臨時出費で借り入れる必要がありまして・・・など、悪印象を与えない言い訳を考えておきましょう。

また、パチコンや競馬、競輪、麻雀などギャンブル資金も歓迎されない理由です。

お金を借りにくると言うことは余裕分を使い果たしてしまっていることで、更にお金を借入れてまでギャンブルをしたいとなると、依存症の疑いもあります。

ギャンブル依存症は使うお金にキリがありませんし、依存症のせいで職が危なくなる恐れもあり、金融機関からしても要注意人物と言うことになります。