無職でもカードローンの審査に通りますか?

カードさえあれば提携コンビニのATMなどから簡単に借り入れができるのがカードローンです。

いざという時に頼りになるので、万が一に備えて一枚くらいは持っている方が多いのではないでしょうか。

まだお持ちでないという方は、これを機に作ろうと思われるかもしれません。ただ、カードはそう簡単には作れません。というのは審査に通らないといけないからです。

消費者金融などの企業は、ボランティアでお金を貸しているわけではありません。貸したお金は利息を添えて返してもらって利益を得て、はじめて企業として営業できるのです。

そのためにあるのが審査です。これによってその人に返済能力があるかどうかを調べるのです。項目には氏名、年齢、住居形態、他社からの借入など様々ありますが、重視されるのが今の仕事とその勤続年数と言われています。

具体的には継続安定した収入のある正社員で、勤続年数が1年以上は必要と言われています。

そこで気になるのが無職の場合ですよね。審査に通らないのでしょうか。本当に無職で何も収入がないなら、残念ながら通りません。

ただ、配偶者に継続安定した収入があったり、土地をお持ちでそれによる収入がある場合は、無職でも借り入れが可能なケースがあります。

その理由はその人に返済能力があるとみなされるからです。ただ、アルバイトもパートもしていない本当の無職の場合は、返済能力がないとみなされるので審査に通らず、借り入れはできません。