おまとめローンの限度額について

複数のカードローンをもっている場合、それらカードを利用して買い物ができますが、少額の買い物など重ねて利用することがあります。

例えばあるカードで5万円程度の買い物をした、そのカードでまた次の買い物をすることもあります。

別のカードで10万円程度の買い物を行うといったことで、少額の買い物を重ねて使用することがあります。

このような50万円未満の買い物でカードローンを使用すると、ほとんどが上限の金利となってしまうのです。

要はそれぞれは少ない金額ですが、上限の金利で全ての金額に対してかかってしまうということなのです。

それをまとめると100万円などなった場合、その100万円に対して上限の金利がかかっていることにもなりかねません。

そのような場合、検討したいのがおまとめローンです。

これは複数でローンを使用しているものを1社にまとめてしまうという方法です。

このローンを1社にまとめると先ほどの例でいきますと100万円の借り入れとなりますが、ひとつの金額が大きくなるので金利が下がる可能性があるということです。

このようなおまとめローンの場合は金利の低いところを選ぶことです。

ただしまとめる場合には条件があります。借入れている金額が一定以上になっていると規制の対象となります。

その限度額は年収の3分の1となっていてそれ以上借り入れることはできません。

しかしこれにも例外があり、銀行のカードローンであれば規制の対象外となるのです。

このような条件を頭に入れて検討するといいでしょう。