キャッシングの限度額について

消費者金融などで見かける限度額500万円、300万円まで融資可能というものは、貸す側のものです。

あなたにこれだけのお金を借りる事ができるものではありません。

ちなみに、500万円は年収が1500万円の方、300万円なら年収が900万円でなければならないとされています。

日本には総量規制という決まりがあり、年収の3分の一以上のキャッシングを行うことができないようになっています。

それも自己申告ではありませんから、キャッシングをする時に嘘を言ってもすぐにバレてしまいます。

金融会社で独自に調べて判断します。

そして、その総量規制に関しても、いつも3分の一に近い金額を借りられるものではなく、審査内容によっては、希望よりも低い借入しかできないこともあります。

その一つに複数のキャッシングをしている場合、必ず合算された数字になってしまいます。

一社だけの総量規制ではなく、合わせた金額になります。

そのようなことを知らずに、年収の3分の一に程遠い借入しかできなかったと思う方も少なくありません。

実は、そのような審査が関係します。

反対にキャッシングをして返済も確実に行っていく上で、年収も上がりました。

ということであれば、改めて審査をしたうえで、限度額が上ることも考えられます。

一概には言えないことですが、金融会社の方から、打診があることもあります。

結局は信用第一ということで、きちんと返済をしていくことで、よりキャッシングをしやすい状況になるということでしょう。