カードローンで借入をする時の審査における注意点とは

カードローンを利用して借入を行う場合の審査は、当然ですがまず収入をチェックされます。

収入が無ければお金を借りることはできません。

カードローン、あるいはキャッシングでもそうですが、個人に少額を融資する場合は、担保も保証人も必要ありませんが、代わりに、その人がきちんと返済してくれるかどうかが重要になります。

収入と同じくらい重要視されるのが、ブラックのあるなしです。

ブラックは、ローンの返済が3回連続して遅れた場合や、債務整理をした場合に信用情報に登録されます。

ブラックがあるということは、すなわち、期日までに返済するのが難しいということになり、お金を貸す側としては、慎重にならざるを得ない相手なのです。

延滞によるブラックや、債務整理の任意整理によるブラックは5年、債務整理で自己破産をした場合のブラックは7年の間、新規にお金を借りたり、クレジットカードを作ったりがかなり厳しくなりますので、できれば期日までにきちんと返済するのがやはり望ましいところです。

それから、申込ブラックというのもあります。

これは特に延滞をしたわけでもないのに、1度に多くの会社に申し込んだため、返済能力に疑問を持たれて、審査に通らないケースです。

1度の申込は、せめて3社までにとどめておきましょう。

また、申込ブラックで落ちたと思われる場合は、次の借入までに半年置くようにしてください。

半年経つと前の情報が消えるからです。

そして、できれば前と違う会社で借入を行うようにすると、審査に通りやすくなります。