カードローンに年齢制限がある理由

あると便利なのがカードローンです。

急な入用の際、給料日前のピンチの際などカードがあれば、提携のATMなどから簡単にキャッシングができるのです。

そんなカードローン、いとも簡単にお金を借りられるので、調子に乗って使い込んでしまうと後々大変なことになりますが、計画性をもって利用すれば人生を楽しくできる有効なツールでもあるのです。

そんなカードローンですが、申し込みには様々な条件があります。その一つに年齢制限があります。

通常申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳以下というところが多いようです。

満20歳以上というのは成人を迎える歳なのでわかりますが、なぜ上限があるのでしょうか。

それはあなたが貸す側になって考えれば一目瞭然です。

貸したお金を利息を添えて返してもらわないといけません。

つまり返済能力の高い人に貸すことになりますが、高齢になると働いておらずに収入源が年金だけという方も増えますし、病気やけがなどで返済できなくなるリスクも高まるのです。

つまり返済能力が低くなると予想されることから、年齢制限が設けられているのです。

また年齢が上限に近くなればなるほど金利が高くなるのも、返済能力に関係している話なのです。

カードローンに年齢制限があるのは、返してもらえないと困るからなのです。

ただ、今後定年が65歳、70歳と変わっていったとすると、この上限年齢も上がっていく可能性はあります。

時代とともに変化していく可能性を秘めているのです。