キャッシングの返済が延滞するとどうなるか

キャッシングを利用していて、うっかり期日を忘れてしまったり、お金を用意できなくて返済が延滞してしまうことがあります。

このとき、ペナルティを受けるため、できるだけ期日を守って利用します。

まず、延滞した場合に個人信用情報機関のブラックリストに登録されますが、これは遅れたら即登録されるものではなく、猶予期間があります。

タイミングは金融業者によって差がありますが、連続して2か月、または3か月以上返済が行われなかった場合に登録されるため、それよりも早く返済すればこれを回避できます。

しかし、ブラックリストに登録されなくても利用していた金融業者には悪い印象を与えます。

これは借り入れ限度額の増額を申し込んだときの審査に落ちる原因になります。

また、何度も繰り返していると現在の限度額に対して返済能力が不足していると判断され、限度額を引き下げられることもあります。

遅延損害金が発生することにも注意が必要です。

法律上、遅延損害金は20%が上限として認められているため、20%にする金融業者が多いです。

返済が遅れれば遅れるほど増えていくため、できるだけ早く返済しなければなりません。

また、返済の延滞を起こすことが分かっている場合、事前に連絡を入れるようにします。

短期間であれば返済期日を変更できることがあります。変更した期日までに返済できれば遅延損害金は発生しません。

変更できなかった場合でも、無断で延滞を起こすよりは印象の悪化を避けられます。