お金を借りたい時に考えられる方法

お金の管理を計画的に行って、借りなくて済むのであればそれに越したことはありませんが、時には急に予想外の支出が重なったりして、お金を借りたいということもあるでしょう。

実際、日本では現在、9人から10人に1人の割合で何らかの融資を受けていると言われています。

これは、住宅ローンなどは含まない数字です。

それでは実際に借りる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

貸す側の違いで分けると、銀行信販会社消費者金融サラ金闇金と言った言葉が浮かびます。

このうち、サラ金というのは消費者金融の以前からの呼び方なので、実質的には消費者金融と同じと考えて問題ありません。

銀行が一番安全で金利も低いのですが、銀行系カードローンは、使途目的が限られているという特徴があります。

例えば、住宅ローン、教育ローン、リフォームローンといった具合です。

審査も一般的には厳しいことが多いので、急にお金が必要になった場合にはあまり向かない方法とも言えます。

次に、信販会社ですが、これはクレジットカードのキャッシング機能での小口融資がメインになります。

クレジットカードを持っていて、少額のお金を借りたい場合には良い方法です。

消費者金融は、目的をあまり厳格に問わず、比較的簡単な審査で融資をしてくれます。

また、闇金などとは違い、法律に従って貸し出し業務を行っているところがほとんどですので、急にお金が必要になった場合には良い方法の一つです。

いずれの場合も、返済の目途を立てて借りるのがベストです。